超音波モータに関する研究

No Image

 モータといえば、電磁力で動くモータが思い浮かびますね。このようなモータは非常に使い勝手がよく、多方面で大量に用いられていますが、超音波モータという新しい動作原理で駆動される全く新しいモータが存在し、その新しい原理から色々な用途での応用が期待されています。

 では、超音波モータはどのような力で動くのでしょうか。超音波モータは摩擦力で動くのです。図1に超音波モータの例を示します。弾性体と呼ばれる物体Eに進行波と呼ばれる一方向に進む波を起こします。すると、その波頭に接触した物体Mは接触部分の摩擦力で動かされます。これが超音波モータの駆動原理です。

 このときの進行波の振動回数は音波の領域(一秒間に20回~2万回)を超えています。それで、超音波振動を用いるモータ、「超音波モータ」と呼ばれているのです。日本はこの分野で進んでおり,世界で初めて超音波モータを商品化したのは国内の企業です(図2)。

 超音波モータは現在主にカメラのオートフォーカス用モータとして活躍しています。

超音波モータに関する研究

図1 進行波型超音波モータの動作原理

超音波モータに関する研究

図2 進行波型超音波モータ (㈱新生工業製)http://www.shinsei-motor.com/