学科紹介

空気中の揮発性有機化合物を濃縮する針型デバイスの開発

No Image

 シックハウス症候群や化学物質過敏症など、空気中に存在する微量の揮発性有機化合物(VOC)が健康に悪影響を与えることが明らかとなってきており、それら微量のVOCを正確に測定することは近年、ますます重要となってきています。これらVOCは一般的に、ガスクロマトグラフィー(GC)法により分析されています。しかし、空気中の微量VOCを正確に測定するためには、測定前にVOCを濃縮する必要があります。従来のVOC濃縮方法は、濃縮した試料をGCに導入する際に、煩雑で長時間にわたる脱着操作や、高価な専用の脱着装置が必要です。

 当研究室では、これらの問題点を克服するために、図に示すような針型のVOC濃縮デバイスを開発しています。この針型濃縮デバイスは、小型のポンプを用いて針の先端からVOCを含む気体試料を吸引することにより、針内の抽出媒体でVOCを濃縮することができます。そして、この濃縮針はそのままGCの試料注入口に挿入することできるため、従来法と比較して極めて迅速かつ容易に、濃縮した試料をGCに導入することが可能です。当研究室では、測定対象化合物に応じて様々なタイプの針型濃縮デバイスを作製し、種々の空気環境試料や水試料等に含まれるVOCの高感度分析に応用する研究を進めています。

空気中の揮発性有機化合物を濃縮する針型デバイスの開発

当研究室で開発している針型濃縮デバイスの概略図.

学科・研究部門

Switch to mobile version