大学院修士課程工学専攻デュアルディグリープログラム2年のスー・チャンドンさんが計算言語学国際会議比喩表現ワークショップ比喩検出タスクコンテストにおいて最優秀賞を受賞

ニュース

2020年07月29日

 令和2年7月9日(木)、自然言語処理の最難関国際会議であるAnnual Meeting of the Association For Computational Linguisticsで開催された、比喩表現ワークショップ比喩検出タスクコンテストにおいて、大学院修士課程工学専攻デュアルディグリープログラム2年のスー・チャンドンさん(指導教員: 福本文代教授、李吉屹助教、シャオシー・ファン教授)が開発した比喩検出ソフトDeepMetが、北京大学やケンブリッジ大学、ワシントン大学など全14チームを抑え、最優秀賞を受賞しました。

 本コンテストでは、全4種類の自然言語処理タスクが用意され、参加者は答えが付与された公開データを利用し、2か月間で比喩検出処理ソフトウェアを開発します。その後、ソフトウェアをテストデータに適用させ、その精度を競います。

 スーさんが開発したDeepMetは、比喩検出に必要となる様々な言語知識を体系的に整理し、深層学習を用いて効果的に学習することにより、高精度な検出を可能にしました。

研究発表をするスーさん 研究資料

« »