有機半導体を用いた環境にやさしいエレクトロニクスの構築

No Image

 有機半導体は,多様性に富む有機分子で構成されており,プラスチックのようなフレキシブルシート上に太陽電池や集積回路を構築できる魅力的なエレクトロニクス材料です.また,低コスト·省エネルギーな溶液プロセスを用いて環境負荷の少ない作製方法が期待されています.我々は,紙のように軽くて折りたためるディスプレイや付箋シールのようにどこでも好きな場所に貼れる電子情報タグ,絆創膏のように人に付着したり体内に埋め込める医療介護用センサなどへの応用に向けて,高速に動作できて消費電力が小さい有機トランジスタや効率よく電気エネルギーを生成できる有機太陽電池を溶液プロセスで作製することを目指しています.溶液プロセス(例えば溶液塗布+乾燥)は大気中で有機薄膜を形成できるシンプルさが利点ですが,高性能なトランジスタや太陽電池に要求される高品質な有機薄膜を得るのは容易ではありません.世界中で様々な新しい溶液プロセスが開発されていますが,我々は,将来の印刷技術(高速・大面積・均一成膜)を見据えて,電気の力で溶液を霧状に分解してスプレーする方法(静電スプレー堆積法といいます,図参照)に取り組んでいます.これまでに大面積な有機単結晶の作製に成功しており,それを用いて優れたトランジスタ動作(高速・低消費電力)を達成しています.

有機半導体を用いた環境にやさしいエレクトロニクスの構築

有機半導体を用いた環境にやさしいエレクトロニクスの構築