人工衛星搭載用ロケットの性能向上に関する研究

No Image

☆ロケットとは:

気体等を排気して、機体に力を与える装置です。

☆私が取り組んでいる研究は:

人工衛星の姿勢や軌道を制御、変更するためのロケットの性能向上を目指した研究です。

☆ 人工衛星搭載用ロケットの主な目標・課題:

  • ・同じ力を与えるとき、少ない推進剤(排気する物質)で済むこと。
  • ・目標時間までに必要なだけ力を与えること。
  • ・できるだけ小型軽量、かつ故障しにくいこと。
  • ・衛星から供給可能な電力で作動すること。

☆ 研究室での主な活動:

「衛星・ロケットの学習」、「ロケットおよび性能測定装置の設計・製作」、「真空チャンバを使った作動実験」、「実験結果の整理・評価」、「成果発表」

⇒ 一連の研究活動の中では、力学、電磁気学、数学、英語を基本として、熱、流体、電気電子回路から、構造・材料、製図(CAD)、機械加工、データ分析、チーム活動、プレゼン能力まで、様々なスキルを駆使します。

人工衛星搭載用ロケットの性能向上に関する研究

「ロケット」といえば打上ロケットでしょうか?人工衛星にも搭載することがあります。

人工衛星搭載用ロケットの性能向上に関する研究

真空チャンバ