環境社会創生工学専攻

自然と調和し、安全で持続可能な共生社会の実現に向け、各種技術を開発

本専攻は、従来の工学技術の範疇にとどまらず、より広範な社会的分野への応用が可能な理論的・方法論的な教育と研究により、自然と調和し安全かつ持続可能な社会を構築する科学的基礎を確立することを目的としています。教育上の目的の一つは、環境社会創生の対象(社会基盤施設とそれを取巻く環境)の計画、設計、建設、計測、管理、保全に関わる専門技術を習得して、新しい時代の要請に応える社会基盤の創造を推進する人材の養成です。もう一つの目的は、人と自然、人と人との共生社会の創生に関わる根源的な課題を、多様な観点から考察し、持続可能な社会の条件を明確化する能力をもち、かつ課題解決のために必要な社会予測・評価方法を習得した人材の養成です。以上の本専攻の目的は、下記の3分野と1特別コースでの教育研究を通じて実現されます。

環境社会システム工学分野

環境創生工学分野

環境社会評価分野

国際流域総合水管理特別コース

主な研究テーマ

環境社会システム工学分野

環境創生工学分野

環境社会評価分野

国際流域総合水管理特別コース

ページのトップへ
Switch to desktop version