学科紹介

土木環境工学科

社会資本の整備・管理のための土木工学と、自然と調和する生活環境を構築する環境工学を学べる学科

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主な教育内容

土木工学と環境工学に関する広い基礎知識・技術を併せ持ち,環境と調和した社会基盤の整備・管理,災害に強い安全な国・地域づくり,快適で環境に配慮したまちづくり,生活環境の充実,自然環境の保全など持続可能な社会基盤の構築に貢献するエンジニアを養成します。

活躍できる分野・進路

公務員(土木環境技術系)、建設会社、設計コンサルタント、環境コンサルタント、鉄道・高速道路会社、環境設備製造・維持管理会社など、NPO、工業高校教員、大学院進学

研究活動

氏名 職名 専門分野 研究テーマ
金子 栄廣 教授 土木環境システム 迅速な毒性試験方法の開発 有機性廃棄物のコンポスト化 廃棄物の毒性評価
齊藤 成彦 教授 構造工学・地震工学・維持管理工学 コンクリート構造物の耐久性評価 コンクリート構造物の耐震性能評価手法の開発 セメント系複合材料の準微視的解析 コンクリート構造の破壊挙動解析に関する研究
佐々木 邦明 教授 交通工学・国土計画、社会システム工学・安全システム 中山間地の地域計画とマネジメント 時系列・多変量解析に基づく短期的な道路交通需要予測手法の開発 交通・社会デザインのための統計的行動分析 高齢者の健康的な生活支援のためのBuiltenvironment
末次 忠司 教授 水工水理学 流域スケールから見た水循環及び土砂動態をベースに、洪水・地形・生態系の相互関係について明らかにするとともに、ハード・ソフト対策により水害被害を軽減するための減災対策について研究する
鈴木 猛康 教授 メディア情報学・データベース、構造工学・地震工学・維持管理工学、 社会システム工学・安全システム <ハード防災の研究> ・構造物の合理的な耐震設計法 ・構造物の免震、制震、減震 ・地盤震動、など <ソフト防災の研究> ・広域的情報共有と応援体制(首都直下地震防災・減災特別プロジェクト) ・災害時道路情報の創出と共有(プローブカー,道路被害情報システム) ・住民・行政協働ユビキタス減災情報システム(安全・安心科学技術プロジェクト) ・災害医療支援 ・地方自治体および企業のBCM戦略、など
舛谷 敬一 教授 水工水理学、科学教育、素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 河川流域の地形表現と流出解析 物理教育におけるコンピュータシミュレーション 中間エネルギー原子核物理学
石井 信行 准教授 実験心理学、構造工学・地震工学・維持管理工学、交通工学・国土計画 景観を軸にした地域プロデュースに関する研究 情報通信機器とVRの進歩がもたらすAR(拡張現実)景観に関する研究 アメニティと生態系に着目した景観デザインに関する研究 認知科学による構造物の造形論 橋梁の構造デザイン(F1-BRIDGE)に関する研究
後藤 聡 准教授 地盤工学 地盤防災工学 斜面工学 原位置における不撹乱砂のサンプリング方法に関する研究 地盤災害・土砂災害(土石流、地すべり、斜面崩壊(崖崩れ)、落石、火砕流等)に関する研究 液状化の発生メカニズム、予測、対策およびハザードマップに関する研究
相馬 一義 准教授 水工水理学 (水文学,自然災害科学) 気象・海洋物理・陸水学 (大気陸面相互作用,気候学) 都市活動を考慮した雲解像領域気候モデルの開発および・アジアにおける都市活動が気候・水循環に与える影響評価
遠山 忠 准教授 環境技術・環境材料 (生物環境工学) 植物と微生物を利用した環境保全・浄化と資源生産   難分解性化学物質の生分解メカニズムの解明   微生物のモニタリングと有用微生物の分離培養   植物と微生物間の相互作用(共生関係)の解析
秦 康範 准教授 社会システム工学・安全システム、構造工学・地震工学・維持管理工学 ユビキタス環境下における防災情報システムに関する研究 プローブカーの減災利用に関する研究 災害時における行政対応に関する研究 災害時におけるライフライン途絶の影響に関する研究 実践的防災訓練手法に関する研究 広域災害時における情報共有と広域連携方策
原本 英司 准教授 土木環境システム 環境動態解析 ウイルス学 水環境中における健康関連微生物の動態解析
平山 けい子 准教授 土木環境システム、環境技術・環境材料 天然物有機化学 一般水質分析 水処理
武藤 慎一 准教授 交通工学・国土計画 空間的応用一般均衡(SCGE)分析における交通サービス生産と交通行動のモデル化に関する研究 地域環境資源保全策の検討 交通・立地統合モデルの開発 環境政策評価モデルの構築
森 一博 准教授 環境技術・環境材料、環境技術・環境材料 環境浄化植物の育種 植物-微生物共生系を利用した環境保全技術の開発 水生植物を用いた水質浄化と資源生産
吉田 純司 准教授 構造工学・地震工学・維持管理工学 メッシュフリー法を応用した積層ゴム支承の極限的大変形解析 道路舗装の損傷を検出するための画像処理システムの構築 高粘性液体ダンパーの復元力モデルの構築 クラックの検出・測定のための汎用的画像処理手法の構築 ピアノを対象とした耐震装置の開発 画像解析を用いた歩道橋の水平たわみ振動の分析と振動制御への応用 高粘性液体ダンパーの性能予測システムの構築 画像解析を応用した計測手法の構築と免震・制振装置への応用 ゴム材料の高精度な構成モデルの構築に関する研究
荒木 功平 助教 地盤工学(不飽和土) MRIを用いた地盤浸透の可視化 渓岸斜面モニタリングシステムと土砂移動 振動台を用いた地盤挙動評価 アクリル酸重合体を用いた土の団粒化と土質特性
竹谷 晃一 助教    
中村 高志 助教 環境動態解析 (同位体水文学・水質学象) 地下水資源(個人所有の浅井戸、水道・工場水源の深井戸、山体地下水、温泉水)の起源ならびに水質形成機構の把握
宮沢 直季 助教 水工水理学 メコン河流域の土砂管理と河道管理に関する研究 微細成分を多く含む土石流の流動に関する研究
宮本 崇 助教 地震工学 、応用力学 社会基盤構造物の耐震性能照査における,設計用入力地震動の設定手法に関する研究
八重樫 咲子 助教    

連携教員

基礎教育センター
氏名 職名 専門分野 研究テーマ
小林 正樹 教授 工学基礎 (信号処理) 高次元信号処理
佐藤 眞久 教授 代数学 (多元環の表現論) 多元環の表現論
坂野 斎 助教 原子・分子・量子エレクトロニクス・プラズマ (応用光学・量子光学) 数理物理・物性基礎 (物性物理学) 光近接場の理論 物質場・電磁場の散乱理論
山浦 浩太 助教 代数学 (環の表現論)  
宮原 大樹 助手    
守谷 まゆみ 助手    
国際流域環境研究センター
氏名 職名 専門分野 研究テーマ
舛谷 敬一 教授 水工水理学、科学教育、素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 河川流域の地形表現と流出解析 物理教育におけるコンピュータシミュレーション 中間エネルギー原子核物理学
相馬 一義 准教授 水工水理学 (水文学,自然災害科学) 気象・海洋物理・陸水学 (大気陸面相互作用,気候学) 都市活動を考慮した雲解像領域気候モデルの開発および・アジアにおける都市活動が気候・水循環に与える影響評価
遠山 忠 准教授 環境技術・環境材料 (生物環境工学) 植物と微生物を利用した環境保全・浄化と資源生産   難分解性化学物質の生分解メカニズムの解明   微生物のモニタリングと有用微生物の分離培養   植物と微生物間の相互作用(共生関係)の解析
原本 英司 准教授 土木環境システム 環境動態解析 ウイルス学 水環境中における健康関連微生物の動態解析
中村 高志 助教 環境動態解析 (同位体水文学・水質学象) 地下水資源(個人所有の浅井戸、水道・工場水源の深井戸、山体地下水、温泉水)の起源ならびに水質形成機構の把握

卒業生の進路

土木環境工学科卒業者の内定状況

平成28年度

卒業者数 55
就職者数 40
進学者数 13
その他 2

主な就職先

総合建設業:鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組、前田建設工業等 建設コンサルタント:日本工営、パシフィックコンサルタンツ、建設技術研究所等 山梨県内:山梨県、甲府市等県内市町村、サンポー、ハヤテコンサルタント等

公共企業:JR東日本、JR東海、NEXCO中日本、東京電力等

官公庁:国土交通省、山梨県、愛知県、東京都等都道府県、甲府市、名古屋市等市町村

2017年4月1日現在

Switch to mobile version