ニュース

工学部土木環境工学科の荒木功平助教が,平成29年9月11日(月)~13日(水)に九州大学で行われた土木学会平成29年度全国大会第72回年次学術講演会で優秀講演者を受賞しました。

 講演タイトルは「池の沢渓岸の斜面崩壊(全層雪崩)の捕捉と土中水分計測に基づく安定性評価」です。共著者は土木環境工学科の卒業生の市村彰大氏(東京都),石井篤志氏(日本工営株式会社)です。

 

 山梨県早川町春木川流域の支渓池の沢で雪崩の撮影,雪崩前後の土中水分の実測に成功しました。その結果,降雪前から土中水分が低下していたこと,雪崩前後で斜面崩壊確率が急上昇したことを示しました。

 

 受賞した荒木助教は「国土交通省関東地方整備局富士川砂防事務所,株式会社早野組の関係者各位に多くのご協力をいただきました。また,本研究は山梨大学の分野横断的融合研究プロジェクトのご支援によるものです。ここに深甚の謝意を表します。」と述べています。

«

Switch to mobile version