ニュース

医工農学総合教育部2年の田中裕大さんが日本原子力学会関東甲越支部奨励賞を受賞

受賞した田中裕大さん(左)

 大学院医工農学総合教育部機械工学コース2年の田中裕大さん(指導教員:武田哲明教授)が、平成29年3月10日(金)、平成28年度日本原子力学会関東甲越支部第10回学生研究発表会において奨励賞を受賞しました。この賞は、日本原子力学会関東甲越支部に所属する原子力関係の研究を進めている学生研究発表の中から優れた研究内容・発表に対し授与されるものです。

 受賞テーマは「ヘリウムガス注入による自然循環流制御技術に関する研究」です。次世代原子炉の一つである超高温ガス炉の減圧事故時にヘリウムガスを圧力容器内に微少量注入することで、空気の自然循環流発生による原子炉内への空気浸入を防止する方法を調査したもので、武田哲明教授との共同研究です。

 受賞した田中さんは、「8大学48名が参加した研究発表会において、奨励賞を受賞することができ大変光栄です。これを機に更なる研究活動に注力して参ります」とコメントしています。

 

表彰状

 

工学部機械工学科 武田(熱物質移動)研究室

http://www.me.yamanashi.ac.jp/lab/takeda/

« »

Switch to mobile version