機能材料システム工学専攻

新素材、高機能物質、各種先端ナノデバイスを開発し、新規産業分野の開拓を目指す

本専攻は、科学技術立国を目指す我が国の国家的研究開発課題の中核をなす新素材及び高機能物質の創製開発、情報化社会のさらなる発展に質する各種先端ナノデバイスの開発研究などを主たる対象として総合的な教育研究を行い、一連の学術的な基盤を教授するとともに、その先端的知識と技術を新規産業分野の開拓に発展させることのできる創造的人材を育成することを目的とします。「物質設計化学分野」、「電子機能開発分野」および「機能創造工学分野」の計3分野で構成します。
「物質設計化学分野」では、化学物質におけるエネルギー、情報、物質の移動や変換のメカニズムに関する教育と研究を通じて、機能物質に関する高度な知識と最先端の技術を備えた人材を育成します。
「電子機能開発分野」では、将来の技術革新に必要な量子電子工学の先端技術と境界領域技術を理解し、新しい時代に対応できる広範な能力を有する人材の育成を目指します。
「機能創造工学分野」では、自然環境と調和した人間活動を可能にするため、上記基盤技術およびその融合領域において技術開発が行える人材の育成を目指します。

主な研究テーマ

物質設計化学分野

電子機能開発分野

機能創造工学分野

ページのトップへ
Switch to desktop version