情報機能システム工学専攻

生産からビジネスまで、幅広いシステムソリューションの研究と開発

情報化・機械化が高度に発達した現代社会においては、大規模で複雑になったシステム全体を見通せる人材が不足しているために、大規模システムの構築、運用において大きな問題が発生しています。このような状況下でさらなる変革を促し、我が国の国際競争力を高めるためには、システム全体を見通して研究・開発に取り組める人材を育成することが急務であり、そのような人材を養成することを本専攻の目的とします。
本専攻は、ソフトウェア、情報通信ネットワーク、生産システム、人間-機械システムを4つの柱として位置付け、それらを基礎としたものづくりのための生産システムをはじめさまざまなビジネスシステムまで、幅広いシステムソリューションを提供するための教育研究を行い、国際的に通用する基礎学力をそなえ、ものづくりの新規技術や情報・通信技術を駆使して、さまざまな生産システムやビジネスシステムを、分析、設計、構築、運用、評価できるとともに、システム開発プロジェクトをリードできる人材を養成します。

主な研究テーマ

システムソリューション工学分野

情報通信システム工学分野

機械デザインシステム分野

機械情報システム分野

ページのトップへ
Switch to desktop version