応用化学科

次世代の新素材、エネルギー、環境関連分野などの将来にわたる人類の発展と繁栄に欠くことのできない学問を学べる学科

応用化学科

主な教育内容

物理化学、無機化学、有機化学、電気化学、高分子化学に関する講義および実験から、化学的手法による新素材開発の基礎知識と実験技術を身に付けることができ、材料物性を解析する方法も学ぶことができます。

卒業生の進路

活躍できる分野・進路

材料・化学メーカー、電気・電子、機械、自動車、石油、製薬、食品、化粧品、装置製造産業、環境分析など様々な分野における新規材料開発および計測技術、大学院

応用化学科卒業者の内定状況

平成28年度

卒業者数 56
就職者数 13
進学者数 43
その他 0

主な就職先

全国:住友理工、コニカミノルタ、凸版印刷、テルモ、三菱ガス化学、日東樹脂工業、     

    太陽誘電、日本ケミコン、パナソニックストレージバッテリー、東京エレクトロン、

    ニチコン、東レバッテリーセパレータフィルム、藤倉化成等 山梨県内:三井金属ダイカスト、マルアイ、トリケミカル研究所、キトー、山梨中央銀行等

官公庁:山梨県庁、山中湖村役場

2017年4月1日現在